クラシックのミカタ

  mikata

第14回 ジ・インペリアル オペラ「蝶々夫人」|オペラ&ディナー

29
2020年 4月29日
4:30 pm - 8:00 pm

第14回 ジ・インペリアル オペラ「蝶々夫人」|オペラ&ディナー

チケット料金

38000

チケットお申込

主催

帝国ホテル

第14回 ジ・インペリアル オペラ「蝶々夫人」|オペラ&ディナー
地図を読み込んでいます...

東京芸術劇場

〒171-0021
東京都 豊島区 西池袋1-8-1
この場所で開催されるその他の公演

藤原歌劇団公演 ジャコモ・プッチーニ「蝶々夫人」(原語上演・字幕付)

帝国ホテルとも縁の深い、日本を代表するオペラ劇団、藤原歌劇団による「ジ・インペリアル オペラ」の第14回公演を開催いたします。

今年は日本が舞台の傑作オペラ「蝶々夫人」を10年ぶりに上演いたします。観劇後はオペラの余韻に浸りながらフランス料理のディナーをお楽しみいただきます。

「蝶々夫人」あらすじ

舞台は19世紀末、長崎の港を見下ろす小高い丘の家。アメリカ海軍士官ピンカートンは、結婚斡旋人ゴローとの仲介で15歳の蝶々さんと結婚しました。やがて蝶々さんはピンカートンとの間に子供を身ごもり、男の子を出産します。

しかし結婚生活も束の間、日本での任期を終えたピンカートンは帰国を余儀なくされてしまいました。

3年の歳月が過ぎ、ある晴れた日にきっと帰って来ると、彼を心から信じて待ちわびていた蝶々さんでしたが、長崎の地にアメリカで結婚をしたピンカートンが妻ケイトを連れてやってきました。女中のスズキから蝶々さんが一途な思いで待ちわびていると聞いたピンカートンは、居たたまれなくなりその場から 立ち去ってしまうのでした。そこへ蝶々さんが現れて、すべてを悟ります。

蝶々さんは我が子をピンカートンに引き渡すことを決断し、父の形見の刀で自害して果ててしまうのでした。

出演

  • 蝶々夫人:小林 厚子
  • ピンカートン:松本 薫平
  • シャープレス:牧野 正人
  • スズキ:但馬 由香  ほか
  • 演奏:ジ・インペリアル オペラ オーケストラ

※食材によるアレルギーがございましたらご予約時にお申し付けください。※お料理・お飲物付。サービス料・消費税込。※写真は公式サイト2010年 ジ・インペリアル オペラ「蝶々夫人」より

チケットお申込

チケット料金

38000

  • オフィシャルサイト

コメント

  • 新規登録

    Pin It on Pinterest