クラシックのミカタ

  mikata

既存の「パスクワーレ」にモヤっとしているなら見てみてほしい、英国ロイヤル・オペラ・ハウス『ドン・パスクワーレ』

英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2019/20の第2作目はドニゼッティのオペラ・ブッファ(喜歌劇)『ドン・パスクワーレ』だ。本作は2019年春にパリ・オペラ座で初演され大好評を博したダミアーノ・ミキエレット演出によるプロダクションで、タイトルロールを演じたブリン・ターフェルや英国ロイヤル・オペラ・ハウス初登場のオルガ・ペレチャッコら、出演者が一癖も二癖もある登場人物をそれぞれに好演した現代版『ドン・パスクワーレ』となっている。引用:SPICE

喜劇「ドン・パスクワーレ」が現代演出で上演。舞台には冷蔵庫や車が設置されている他、出演者の衣装・小道具も革ジャンにスマホといった「現代風:ドン・パスクワーレ」になっている。

映画館で見れるオペラ

英国ロイヤル・オペラ・ハウスシネマシーズン2019/2020は世界最高クラスのバエレとオペラの舞台を、舞台裏でのインタビューや特別映像を交えて、映画館のスクリーンと音響により、生音の感激とは一味違う芸術を体験できる企画。全国にあるTOHOシネマズの劇場で気軽に一流のオペラやバレエを観劇できるとして人気が高まっている。

 

上演劇場や上演作品、料金については英国ロイヤル・オペラ・ハウスシネマ公式ページで確認できる。http://tohotowa.co.jp/roh/

 

  • 新規登録

    Pin It on Pinterest